バックキャスティングで考えていきたい

2010年1月6日 17時11分 | カテゴリー: 日々雑感

賀詞交歓会に参加して

賀詞交歓会に参加して
賀詞交歓会に参加して
 昨日は、昭島市賀詞交換会に出席しました。昭島市長、副市長、市職員、市議会、自治会、商工会、民生委員など399名が昭和の森フォレストイン昭和館に集まりました。若干昨年より、出席が減ったように感じたのは、私だけかしら・・・。

 星ひろ子都議から、東京都の2010年度予算編成にあたり約5000億円の税源減収と見込まれる中、ムダを省くだけでなく、今こそ地域の皆さんの力が必要となる!という言葉に頷く出席者が多くいました。

 マスコミは、藤井財務大臣が病気で辞任する方向性を論じていた。77歳と聞き、体力の問題もあるのかなと思うが、小沢氏との関係もなんだかあるようだ。民主党内部の問題はわからないが、ガタガタもめている時間はない。しっかり舵取りをして欲しい。

 今、市民は疲弊仕切っている。今こそ、政治の力が必要なのではないだろうか。景気はどちらを向くか、舵取り役の政策を具体的に示して欲しい。

 今日、市役所ロビーいっぱいに小学生が作った、いろんなたこが展示しているのをワクワクしながらみました。この子どもたちが希望をもてる未来にするために、今すべきこと一つずつ政策として実行していきたい。バックキャスティングで考えていきたいと思う。