障害者の就労の場

2008年10月22日 06時58分 | カテゴリー: 活動報告

西多摩療育支援センター内NPO法人わらべあきる野事業所視察

わらべは、任意団体から昨年NPO法人化した、障害者の就労を支援する事業所です。主に喫茶の運営をし、収入を得ています。
写真右、わらべの前で

ちょうど訪問したとき、事務局の方から話を伺うことができました。基準では障害者10人に1人の職員体制ですが、ひとりひとり状態が違うので現実は不十分です。そのため、1.8人体制で運営を行なっていますがその体制でも厳しい状況です。訪問した日も事務局スタッフが業務をサポートしていました。支援法が施行され、さまざまな弊害がでていることを伺うことができました。昨年与党プロジェクトは、法の抜本的見直しと課題と方向性を示しました。現在厚生労働省は、障害者自立支援法見直しの意見を広く募集しています。しっかりと当事者、事業所の実情を聞き取り見直すべき!と目の当たりにしました。
写真左下、わらべのランチをいただきました。野菜がいっぱいのしょうが焼き、豆腐の味噌汁、ご飯〜500円!ごちそうさま
写真右下、西多摩療育支援センターの2階には障害者のショートステイが2室あります。個室で清潔、なにより木のぬくもりを感じました。