子育て政策に力を入れる盛岡市

2008年10月22日 17時48分 | カテゴリー: モバイル

盛岡市の児童福祉課の取り組みを会派で視察に来ました。 盛岡は、子育てを応援するまち。「もりおか子育て応援パスポート事業」は、今年8月からスタートした行政と商工会議所が連携し、子育て世帯を応援する事業。子育て応援を協賛する「もりパス」ステェッカーを貼った市内の企業が、子育て中の世帯に、割引や特典サービスをします。具体的には定価の何割かの割引やワンドリンクサービスやおしめ替え・授乳コーナーを提供。現在200以上の企業が協賛しています。 さらに驚いたことに、盛岡市のつどいの広場事業の運営をNPO法人である「いわて子育てネット」に委託。東京から引っ越してきたばかりの子育てママは、季節で子どもにどんな洋服を着せるといいのだろうという悩みなどちょっとしたことで悩むもの。子育て情報の発信や交換を柔軟な発想で、NPOだからできる対応と児童福祉課の千葉課長は答えてくれました。 さてこれらの財源は、市長が退職者不補充で浮いた財政などを子育て政策に回すという方針とのこと。とにかく子育て政策の柔軟さには驚きました。続きは昭島へ帰ってから。